【栃木県宇都宮市】地元に美味しい食べ物を~Hinoe Wineryを取材~

こんにちは!
栃木県宇都宮市にある、ワイナリーを取材してきましたぁ🎤
その時の様子をリポートしていきたいと思います。

吉村さんご夫妻。
左:) 潔さん 右:) のりこさん

現在、免許を申請中で実際にワイナリーとして稼働できるのは今年の秋から収穫からになります。
醸造をワイナリーでしようとすると、とても大変でなんとか前に進めているような状態。
HinoeWineryにした理由は、
ワイナリーの場所が宇都宮市新里町丙地区にあるので、訓読みすると「ひのえ」になるから。

取材当時ブドウが取れている面積は、60a(0.6ha)。
今後は1haになる予定で、今後も増やしていきたいと語ってくれました。

栽培している品種は、メルロー(赤)とシャルドネ(白)を中心に栽培しており、
カベルネ・ソーヴィニョンや山葡萄、ピノノワールなどにも現在挑戦中!

自分たちや見えている物以外にも世の中にはたくさんあって、土の中の微生物など見えていないけれどもいて、その中で生物が育って生きているんだなっていうのを感じているんだって。
すごく素敵なお話を聞かせていただきました。

▼ メルロー
メルローはしっかりした印象で軽やかな宇都宮の野菜にピッタリなワイン。
▼ シャルドネとピノノワールを混ぜてロゼ仕込みにしている。
皮とコンタクトさせたような仕込み方が特徴。さっぱり・すっきりとした辛口の味わい。

Hinoe Winery」のある宇都宮市。
この土地は夕立があり湿度がすごく上がるし、夜の温度も下がらないので色づきが難しかったり、雨も多く病気が出やすいといったこともあり、栽培には全く適していないそうだ。
それでも宇都宮市という場所を選んだのは、夫妻が宇都宮市出身だということや、
地元でなにか美味しいものが作れたらいいなと思ったのが決め手。
そして、栽培が難しいと言われているピノノワールも栽培している。
栽培する理由については、難しいけれどこの土地の味が出やすいと感じ、美味しく出来てきているので頑張って栽培し続けたいと話してくれた。

今回、特別にワイナリーを案内していただきました。

なんか、科学実験が始まりそうな装置や器具がたくさん並んでいて、初めて見るものばかり。
どれもワクワクするものだらけでした。

いや~、ワインって奥が深いっ!
お話を聞いているだけで、見えない所にまで気を配る。
その難しさを毎日感じるんだろうなぁ。
とても貴重な取材になりました。

潔さん、のりこさん、ありがとうございました~<(_ _)>✨
最後に圃場でパシャリ📸

それでは、失礼いたします✋



関連記事

  1. 【栃木県那須町】お米の食味コンテストで金賞を受賞。栽培だけでなく、人材育成にも力を入れる人見浩農園にインタビュー。

  2. 【栃木県宇都宮市】しゅっぱーつ!ファーモバス⁉🚌💨

  3. 【栃木県栃木市】啓子さんがギリギリ間に合った農コン。ご主人との運命の出会いについて、お話を伺いました🎤

  4. 【取材×社員紹介】福田修平くん カメラマン奮闘記📸

  5. 【farmo×育苗】育苗ファーモって実際つかってみると、どうなの?どんな育苗の仕方なら使えるの?

  6. 【栃木県南河内🍓】イチゴのニューファーマー勉強会に参加。参加した新規就農者と部会の方に感想を聞いてみた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA